無料が狙い目|不動産投資セミナーで学んで知識を蓄える

鉛筆と置かれた模型

資金を貯めておこう

活況が続いています

不動産

ここ数年で不動産市況が大きく改善してきました。特に都市部の回復ぶりは目覚ましいものがあります。不動産市況の活況ぶりを受けて、不動産投資も人気を博しています。都市部にある築浅の中古ワンルームマンションでは表面利回りが5%を切ることも珍しくなくなってきました。また都市部の築20年や30年の中古ワンルームマンションでも、表面利回りが10%を超える物件は見かけなくなってきています。今後も緩やかに上昇していくことが見込まれており、不動産投資もしばらくは今のような活況ぶりが続くものと予想されています。中古ワンルームマンション等を購入して、これから不動産投資を始めようと考えているサラリーマンも少なくありません。

時期は循環しています

しかし、焦る必要はありません。なぜならば、またいずれかの時点で不動産市況が低迷する時期がやってくるからです。もしも、少し無理してでも不動産投資を始めようと考えているのであれば、十分余裕ができるまで待ってみるというのも1つの選択肢です。仮に少しでも早く不動産市況の恩恵を受けておきたいと考えているのであれば、まずは上場不動産投資信託などに少しずつ投資をしておきましょう。投資の基本は誰も買わない時に買い進め、皆が買いに向かった時に売り逃げることです。今は皆が買いに向かっている時に突入しつつあると言えます。大きなキャピタルゲインを得ようと考えているのであれば、皆が売り始めたころに買いに動けるようにじっくり資金を貯めておきましょう。