無料が狙い目|不動産投資セミナーで学んで知識を蓄える

鉛筆と置かれた模型

効率的な投資を考えよう

借入をしよう

案内

不動産投資をするのであれば、借入をして中古ワンルームマンションや1棟アパートを購入することを考えましょう。もしも、現金一括で投資物件を購入することができる余裕があるのであれば、2戸目、2棟目を借入で購入することを検討しましょう。ここまで借入を勧める理由はレバレッジ効果を享受することができるからです。不動産投資は他の投資と異なり、個人の投資手法では、唯一、銀行がお金を貸してくれる投資手法となります。しかも、政策金利の低下や銀行同士の金利競争のおかげで、今はかなり低い水準で借入をすることができるのです。不動産投資物件の表面利回りは下がってきていますが、借入金利も下がってきているので、利益は大きくは変わりません。

リスクは回避できます

もちろん、借入によるリスクもあります。万が一、空室になってしまった場合には返済金を自分の財布から出さなければならなくなります。この状況を回避する方法として複数戸保有することが最も効果的です。つまり空室リスクの分散を図るわけです。また、借入期間は最長にしておきましょう。そうすれば、毎月の返済額は少額で済み、空室時の負担も軽くて済みます。毎月の家賃収入から返済額や経費を差し引いて残ったキャッシュを上場不動産投資信託等の安定した投資商品に振り分けることも選択肢の1つとして考えられます。繰上げ返済を行うということも挙げられますが、この場合、借入金利と上場不動産投資信託の分配金利回りを比べて金利もしくは利回りが高い方へ優先的に資金を振り向けましょう。